カサカサ水虫は特効薬で撃退しましょう|放っておけない痒み

医者と看護師

市販品で白癬菌に対抗

足

市販の治療の種類と効果

水虫は自然治癒が見込めないので、薬で治療していかなくてはいけません。ただ命にかかわるような病気ではないということで、ついつい放置してしまう患者が多いようです。ただこの病気は感染する特徴があり、運が悪ければ他の人に移してしまうことも考えられます。家族や友人に感染を広げてしまわないように、早めに適切な治療をしておきましょう。現在は医療機関に行かなくても、市販薬で水虫治療が可能です。水虫に効果のある市販薬は、スプレーや軟膏、クリームの他液体のタイプがあります。それぞれ商品ごとに、効果の持続性から成分、使いやすさがまったく違います。自分で使う際は、実際に水虫の治療薬を使ってみて、用途に合った商品を購入するといいはずです。ただ市販薬の場合、進行が進むと効果が薄れてくる場合があります。ひどくなった水虫を治す場合には、医療機関へ足を運びましょう。

医療機関との治療費の差

水虫は医療機関で治す方が効果も高いといわれています。ただしその分治療費も高くなるので、財布や進行状況と合わせて判断しましょう。病院で診察を受けると、初診料や薬代も含めて水虫治療に3,000円前後かかるといわれています。また、水虫は出来る場所によって完治までの期間が変わってくると言われています。足の裏など皮膚に出来た水虫は、平均的に2ヶ月から3ヶ月程度で治療することが可能です。しかし爪にまで被害が及んでしまうと一転して、治療期間が2倍程度に伸びてしまいます。自分の水虫のタイプに応じて、通院するスケジュールを考えておくとよいでしょう。

肌の症状が気になる時は

カウンセリング

皮膚のトラブルが起きてしまった時に、素人判断で市販薬を利用するのは注意が必要です。そんな時には、港区の皮膚科に診てもらうことをオススメします。どのような病気かを診断した上で、適切な治療を受けることができて安心です。

もっと知ろう

肌トラブルを感じたら

医者

西新宿は非常に便利なエリアですが、皮膚科の通院をお考えの場合にもおすすめです。急な症状にも対応してくれる皮膚科もあるので、慌てずにネットで情報を検索してみてください。また、夜遅くまで受診できる病院もあります。

もっと知ろう

肌を綺麗にする治療

病院

東京都の城東区にある皮膚科では、ダーマローラーというアンチエイジング療法が人気です。これは、肌に医療用の針で微細な穴をあけて、コラーゲンの分泌を促すものです。肌の内側から若返ることができるので、おすすめです。

もっと知ろう